2016シーズン第3戦 レノファ山口VS町田ゼルビア 戦評など

シェアする

2016シーズンからJ2に共に昇格したレノファ山口のホームグラウンドに乗り込んでの一戦。

レノファさんとは因縁も深く、お互い負けられない気持ちが強かったと思います。

私は残念ながら山口まで遠征に行くほどのお財布的な余裕もなく、町田からの応援となったのですが、今回、初めてスカパー!オンデマンドを契約してみました。これ、なかなかいいですねっ!

試合前

ここまで町田ゼルビアの戦績は1分1敗で勝ち点1。一方の山口は1勝1分で勝ち点4。

ゼルビアは初戦が昨シーズンJ2リーグ4位のセレッソ大阪、二戦目が古豪京都サンガと、かなり手強いチームを迎えてのスタートとなったこともあって、前節、前々節では勝利できませんでした。正直、かなり強いチームが相手だったのでやむを得ないと思ってはいたものの、やはり選手のテンションを考えても、まずは一勝が欲しいところ。

そんな中で迎えた第三戦はJ2昇格同期のレノファさん。相馬監督の「ゼルビアはJ2、22番目からのスタート」という言葉を援用すれば、レノファさんは21番目からのスタートになるわけで、まずゼルビアが倒さなくてはいけないチーム筆頭と考えています。

特に、前節、前々節では、強豪相手に「いい内容だったけど勝てなかった」状況が続いており、今節については内容もさることながら勝ち点にこだわって欲しいという気持ちでした。

試合開始~前半

ゼルビアは前節で鈴木孝司と深津康太が負傷している状況。それを受けてスタメンはこんな感じでした。

前半立ち上がりは山口が裏に抜けるシーンが目立ちました。

スクリーンショット_031316_093943_PM

基本的に山口がボールを持つ時間が多く、中盤でお互いにボールを引っ掛けて攻守が入れ替わる感じ。町田は攻め込まれつつも、最後はキッチリ守っている印象でした。

前半ヒヤッとしたのは23分のこのシーン。左サイドの町田スローインからヘディングでの攻防があって、DFの足が頭付近に行ったりとかで一瞬選手の足が止まりかけたところから、山口の前方へのフィード。山口が右サイドでくさびを作って山口7番福満選手に折り返したところ。

スクリーンショット_031316_094713_PM

このあと、福光選手が突破をはかり、町田10番土岐田選手がディフェンスについたタイミングで、接触があったのか芝に足を取られたのか微妙な形で福光選手が転びます。

スクリーンショット_031316_095411_PM

このプレーで土岐田選手にイエローカード。

いい位置からのFKだったのでちょっと心配しましたが、山口2番の宮城選手には届かず、事なきを得ました。

途中、両チームの選手が小競り合いになったシーンもあって、違う意味で心配したのですが、こちらも主審がうまいこといなしてカードなしで試合続行。

スクリーンショット_031316_100213_PM

37分には鈴木隆文の惜しいシュートも。残念ながらゴール右側に弾かれました。

スクリーンショット_031316_101143_PM

この直後、ゴール正面で谷澤がうまい具合にタメを作って…

スクリーンショット_031316_101443_PM

そこに土岐田が走りこんだところで…

スクリーンショット_031316_101543_PM

倒されてPK獲得。谷澤と土岐田の「よっしゃ」感が微笑ましい(笑。

スクリーンショット_031316_101713_PM

獲得したPKを蹴るのは前節のゴールを決めた中島!これをきっちり決めて、町田待望の先制点!!!\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

スクリーンショット_031316_102013_PM

前半はこのまま終了。内容的には若干押されているものの、数少ないチャンスをキッチリものにできたのはありがたい!!!

後半

後半は開始早々に動きがありました。

左サイドでのリスタートのボールを谷澤が受けてタメを作ってクロス。

スクリーンショット_031316_102643_PM

いったんは弾かれるも…

スクリーンショット_031316_102743_PM

いい位置に詰めていた鈴木隆文がシュート!

スクリーンショット_031316_102843_PM

そしてゴールっ!!!\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

スクリーンショット_031316_102943_PM

思ってもみなかった後半早い時間での追加点。これは本当に素晴らしい!

で、このまま逃げ切りを図りたい町田ゼルビアですが、54分、カウンター気味に出たボールが転々とゼルビア陣内に。

スクリーンショット_031316_103243_PM

この時点ではこの距離感だったにもかかわらず、山口の岸田選手が猛ダッシュを見せます。

駆けっこを制したのは岸田選手!これは危ないっ!!!

スクリーンショット_031316_103440_PM

で、有薗選手がもたれかかるような感じから最終的には押し倒してしまいます。

スクリーンショット_031316_103540_PM

有薗はこのプレーで一発レッド。まぁ、決定機ではあったので、ファール覚悟だったとは思いますが、レッドか…。

スクリーンショット_031316_103810_PM

ここからは町田は10人でゴールを死守する流れになります。2点ビハインドで数的優位のレノファも何度も町田ゴールに襲い掛かりますが、前半あれだけ怖かった裏への抜け出しが、むしろそれ一辺倒となり、町田DF陣がかなり対応できるようになってきました。

この後30分ほど、町田は山口の攻撃を何度も跳ね返して跳ね返して跳ね返して。

最後、アディショナルタイム5分で、山口の福光選手のシュートを守護神高原がおさえたところで…

スクリーンショット_031316_105240_PM

試合終了!!!\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

スクリーンショット_031316_105440_PM

ついに町田が2016シーズン、J2初勝利!!!おめでとうございます!!!!!

試合を終えて

第一戦第二戦と、「内容はいいのに勝てない」が続いた後の今節は、「内容的には押されていたけれどもチャンスをものにしてよく守って勝つ」という、いい勝ち方ができたと思います。

昨シーズン、2試合に1点しか失点しない堅守だったわけなので、今シーズンも、キッチリ守って勝ち点をもぎ取っていく試合運びができれば、J2でも十分に通用するのではないかと思わせる試合でした。

この試合、勝利の立役者はやはり高原だったかなと。ホントに後半攻められ続けている時間帯、よく高原が防いでくれていて安心感ありました。

あとは、今更だけど谷澤は本当にいい選手ですね。大事なところにいつもいる感じ。

この試合の結果を受けて、我が町田ゼルビアは1勝1敗1分で勝ち点3、得点3の失点2でJ2の9位に上昇!チーム史上最高位だそうな。

スクリーンショット_031416_124010_AM

次節は現在21位のツエーゲン金沢をホーム野津田に迎えての試合となります。ゼルビア、ホーム初勝利なるか!期待大です!!!

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

フォローする