12年で5回引っ越した私が伝えたい効率的な引越のコツ

シェアする

すっかり引越しシーズンですねー。町中でも、よく引っ越しのトラックを見かけるようになりました。今週から今月いっぱいくらいがピークになるのかな。

ワタクシ、お仕事の都合で、数年前までかなり引っ越しの多い人でした。タイトルにもある通り、12年で5回引っ越しをしているので、かなり多い部類に入るのではないでしょうか。

今思い返すと、最初の引っ越しの時には、本当に準備の段取りも悪く、各方面にご迷惑をお掛けしていました。その後、何度も引っ越しを重ねる中で、徐々に見えてきたコツみたいなものを是非お伝えしたいと思います。

基本的なコンセプトとしては、なるべく効率的な引っ越しをしよう、ということになります。引っ越しは体力的にも精神的にも非常にタフなタスクです。なので、そのタフさがピークに達する引越し当日、少しでも引越し作業を効率的にまわして、翌日以降のために気力と体力をとっておけるようにと考えました。

主なターゲット

本記事で想定している引っ越しは、だいたい以下の様な引っ越しを想定しています。

・単身の引っ越しではなくファミリーの引っ越し

・ワンルーム→ワンルームではなく、2DK、3LDKなどの多室への引っ越し

・全てを引越し業者さんに任せるのではなく、部分的に自分で手を動かすことでコストを抑えることも視野に入れた引っ越し

ちょっとだけ補足します。

単身の引っ越しの場合、引っ越しはかなりシンプルになります。どちらかと言うとこのパターンの場合には、引っ越しそのものの効率化よりも、引っ越しにまつわる諸手続きの効率化のほうが効果がありそうです。

上記とも関連しますが、ワンルームへの引っ越しは非常にシンプルです。後述するように、引っ越しの効率を下げるのは「どの荷物がどこに行くのか」がわかりにくくなることです。ワンルームの場合には、特にその辺りは気にしなくても、とにかく一つの部屋に荷物を押しこめばいいので、開梱後の収納の仕方とかそういうことが効果がありそうです。

全てを引越し業者さんに任せる引っ越しの場合、そもそも効率化は業者さんが考えてくれます。本記事の内容が部分的に参考になる事はあると思いますが、概ねプロが段取りしてくれる流れに乗っかれば大丈夫です。

そんなわけで、本記事では、コストを下げるために荷造りなどは自分で行い、ファミリーでの引っ越しで、ある程度部屋数のある物件への引っ越しを効率的に行う方法のご紹介ということになります。

業者さんとのタスクの分け方で言うと、

【自分でやること】

  • ダンボールを使った荷造り
  • 荷物の部屋への割り振り

【業者さんに頼むこと】

  • 大型家具の移動
  • ダンボールの移動

といった感じです。

どうすれば効率的に引っ越しできるのか

端的に言えば、「引越し当日に業者さんや手伝ってくれる人からの問い合わせとそれに対する指示を最小限にする」ことが、引っ越しを効率的に行うために最も重要な事です。

先にも書いたように、引っ越しの効率を悪くするのは「この荷物はどこに置くんですか?」という問い合わせです。同様に「この荷物は指定された部屋が一杯で入りません」という問題への対応も非常に非効率的です。

このように考えると、効率的な引っ越しのために、引っ越し当日できることは限られています。引っ越しの前段階でどれだけ準備しておけるかで、引っ越しを楽に終わらせることができるかどうかが決まります

事前の準備:段ボールは業者さんから買うべし

引越し業者さんが決まると段ボールを届けてくれるはずです。

この時、絶対に避けるべきなのは「消耗品である段ボールはもったいないから自分でスーパーなどで調達する」ことです。このパターンは最悪です。

後で説明しますが、段ボールをきちんと積み上げておくことは効率的な引っ越しの重要な要素です。業者さんが手配してくれる段ボールは2〜3種類のサイズに揃っています。また、「どの部屋から出た荷物でどの部屋に入れるべきか」という非常に重要な情報を記入する欄が最初から準備されています。これを使わない手はありません。

自分でスーパーなどで段ボールを調達すると、まず、サイズが揃いません。また、実際に段ボールを探しに行ってみるとわかりますが、引っ越しに適した段ボールというのはほとんどスーパーなどの段ボール置き場にはありません。大抵はティッシュペーパー等の軽い物が入っていたペラペラの段ボールばかりで、この手のものを使うと、引っ越しの最中に底が抜けたりしてエライ目にあいます。絶対に避けるべきです。

コストダウンの方法として、業者さんから使用済みの段ボールを入手するという手もあります。これはコストは下がりますがあまりオススメしません。何度も書いているように、「どの部屋から出てどこの部屋に入れるのか」という情報が段ボールにわかりやすく記載されており、段ボールを持ち上げた人が機械的に動けるのが効率的な引っ越しです。使用済みのダンボールの場合、既に書かれている情報を二重線で消すなどして上書きしますが、ぶっちゃけ非常に見づらくなります。これは非効率的です。新しい紙を貼るなどして綺麗に書くという手もありますがそんなことをするくらいなら新品の段ボールを使うほうが全然楽です。

こだわりがある方であれば、自分で段ボールを買うという手もあります。

このあたりのものだと、レビューを見てもかなり好評です。

引っ越しで必要になる梱包材のランキングはこちら

事前の準備:引越し元と引越し先の間取り図を書くべし

これは超重要事項です。荷物が出る部屋と荷物が入る部屋、それぞれの部屋の位置関係の分る間取り図を作成しておかないと効率的な引っ越しはできません。

寸法などは正確である必要はありません。重要なのはそれぞれの部屋に番号か名前をつけ、わかりやすく整理することです。

番号にするか名前にするかは好みが分かれるかもしれません。私は併記することをオススメします。また、2フロア以上ある物件の場合には何階なのかも非常に重要な情報です。

例としては「①1Fリビング」とか「⑤2F子供部屋」といったような標記になります。

間取り図は、部屋のおおまかな位置関係と名前だけ書いてあるシンプルなもので十分でしょう。

ここで決めた部屋の名前が、「この荷物はどこの部屋から出てどこの部屋に入れるのか」の「どこの部屋」を示す大変重要なキーワードとなります。

同じ部屋のことを複数の名前で呼ぶのはよくありません。「2階書斎」と「2階父荷物」と「納戸」が同じ部屋であるかどうかなんて、引越し業者さんにわかるわけがありません。こんな書き方をするとまず間違いなく業者さんから「納戸ってどの部屋ですか〜」と聞かれて、そのたびに2階に駆け上がることになるでしょう。

事前の準備:手伝ってくれる人数分の六種の神器を揃えるべし

荷造りを手伝ってくれる人がいる場合、下記の道具は人数分揃えることを強くオススメします。

  • ガムテープ
  • 軍手(ゴムのイボがついたもの)
  • カッター
  • 割れ物注意の荷札シール
  • カラーシール
  • 赤と黒のマジック1本ずつ

本当は三種類に絞って「三種の神器」としたかったのですが、ちょっと増えちゃいました。でもこれは全部かつ人数分揃えておくべきです。全部100円ショップで手に入るので、若干多めに買っても一人分1000円で済みます。ここをケチるとあとで泣きを見ます

見てお分かりの通り、荷造りの際に常に必要になるものばかりです。これをケチって「玄関のところにガムテープは置いておくね〜」とか決めておいても、結局なかなか戻ってこなかったり、自分の手元においちゃったりで「ガムテープを探す旅」に出ることになります

ガムテープ

段ボールのフタをするときにももちろん使いますし、緩衝材を止めるときなどにも使います。また、注意事項等がある場合、ガムテープに赤いマジックで書いて貼っておくと安全です。これは人数分の二倍用意してもいいと思います。

もしお財布に余裕があれば、養生テープという、粘着力の弱いテープもあると便利です。ベタッと貼り付けてしまうとテープの跡が残ってしまってまずいようなもの、例えば食器や家具などにテープを貼る場合には養生テープが便利です。

丈夫な布テープのランキングはこちら

貼って剥がせる養生テープのランキングはこちら

軍手(ゴムのイボがついたもの)

手伝ってくれる人が自分で持ってきてくれるかもしれませんが人数分用意しておくのがジェントルな対応でしょう。

段ボールを一日中触っていると身にしみてわかるのですが、あの素材はかなり指の脂分を奪います。ずっと素手で触れていると指がカサカサになってモチベーションが激しく低下します。

また、出来上がった段ボールを積みに行く時に、ゴムのイボがついたものだと、その摩擦力を使って持ち上げることができるため負担が低くなります。食器などの割れ物を触るときも、イボがついていると滑らなくて安心です。

手を守るためにも必要になる軍手のランキングはこちら

カッター

これは、軍手を使うこととセットです。ガムテープを切るたびに軍手をつけたり外したりするのは大変効率を落とします。刃の幅の広めのカッターを人数分用意しておけば、ガムテープをさくさく切ることができ、かなりな時間を短縮できます。

割れ物注意の荷札シール

業者さんが持ってきてくれる段ボールには「割れ物」というチェック欄が多分あって、ここにチェックを入れるという手もあるのですが、ちょっとわかりにくいです。安全のためには別途荷札シールとして用意しておけばわかりやすく注意をうながすことができます。軍手をはずさないで作業できる、という意味で、裏面がシールになっているものであることは必須です。

100円ショップでも売っていますが、枚数がたくさん必要な方は

あたりを利用すると安上がりになります。

カラーシール

すべてのものを運び出すような引っ越しの時には不要ですが、「一部残す(=あとで捨てる)」ような引っ越しの場合には、業者さんに「家主さ〜ん、これは残しておいていいんですか〜」と聞かれて対応するだけでもかなり効率が落ちます。

文房具屋さんで売っている、赤や青の丸いシールを準備しておき、残すものにはわかりやすい位置に貼っておくことで、誰が見ても捨てるものだ、ということがわかるようになります。もちろん、業者さんには事前に説明しておくことも必要です。

赤と黒のマジック

黒一色でもいいかもしれませんが、私は二色揃えておくことをオススメします。例えば、「荷物が出る部屋と荷物が入る部屋は黒で。内容物は赤で。」という分け方もあるでしょうし、重要な注意事項は赤マジックで書くという分け方もあるでしょう。

事前の準備:単純作業は専任(子供もOK)でつけるべし

これは、手伝ってくれる人数に余裕がある時、特に、小学生くらいの子供がいる場合に限られるかもしれません。

例えば、段ボールを組み立てる、緩衝材を切る、ビニール紐を切る、といった単純作業は子供でも十分に対応可能です。また、この手の作業は常時必要なわけではないため、暇な時はテレビを見ていていいけど、呼ばれたらすぐに持ってきてね、という約束をしておくと、子どもたちも飽きずに作業できます。

もう少し余裕のある年齢であれば、子どもたちには「その他雑務」を任せるという手もあります。例えば「ドライバー持ってきて」とか「雑巾三枚急いで持ってきて!」とかも、「何か別の作業をやっている人」ではなく「雑務担当」であればスピーディーに対応ができます。

事前の準備:段ボールは一室にまとめるべし

これは状況によって異なるかもしれません。もし、リビングなどの一位版スペースのある部屋を潰せるのであれば、他の部屋で作った段ボールをそこにまとめると、引越し当日の導線が非常にシンプルになります。いろいろな部屋から段ボールが出てくると動線が混乱します。

また、一室に集めると、「作業の終わった部屋」が可視化されるので、気持ち的にモチベーションが上がります。「作業の終わった部屋」は、棚などの家具だけが残り、中の物は何もなくなっているはずなので、「作業が終わったつもりで終わってない部屋」ができてしまう可能性を著しく下げることができます。

ただし、リビングには大きな家具(ピアノやテーブルなど)があり、この搬出を業者さんが先にやりたい場合に、段ボールがじゃまになってしまう可能性があります。事前の打ち合わせの際に、リビングに段ボールをまとめていいかどうか、業者さんと詰めておく必要はあります。

事前の準備:段ボールの情報は二面ないし三面に書くべし

これは超重要です。段ボールに書く「どこの部屋から出てどこの部屋に入れるのか」と「何が入っているのか」の情報は、少なくとも上面と側面の二面、できれば上面と大きい方の側面と小さい方の側面の三面に書きます。

こうしておくと、次に書く「向きを揃えて置く」こととあわせれば、どんな積み方をしても必ず中身がわかるようになります。

これは、運び出しの時にも重要ですが、引越し後すぐに全ての段ボールを開梱できない場合にも、何がどこにあるか把握できて便利です。

事前の準備:段ボールは向きを揃えて置くべし

これ、重要です。必ず手前側に「どの部屋に行くのか」「何が入っているのか」が書いてある面が来るようにすると、一つ上に書いた「段ボールの情報は複数の面に書く」こととあわせると、仮に段ボールがバラバラに積まれていたとしても、どの部屋に行くべき荷物なのかが一目でわかります。

何が入っているのか、どこに行くのかわからない段ボールの情報を調べるために、上の段ボールをおろしてから段ボールをくるくる回すのは非常に非効率的です。

事前の準備:家具にも情報を書いて貼っておくべし

ここまで段ボールの話に終始しましたが、家具にも同じような情報を付けておく必要があります。ですが、家具は基本的に業者さんに運んでもらう前提なので、A4の紙などに行き先の部屋の情報を書いておき、剥がれないように家具本体に貼っておけばいいでしょう。この時、先に書いた養生テープがあると、家具を傷つける心配がなくて安心です。

引っ越し直前:最後まで使ったものはまとめて段ボールに入れるべし

特にリビングや台所回りになると思いますが、例えば引越し当日の朝ごはんを食べるために、最小限のお皿や調理器具を使うと思います。これらをしまうために、お皿の入った段ボールを一つ開けっ放しにしておくとか、改めて調理器具のダンボールを開けるとかし始めると効率が悪くなります。

また、「直前まで使っていたもの」は、引越し先では「すぐに使うもの」になるはずです。このことからも、ギリギリまで使っていたものについては、行き先の部屋の情報と「最後まで使っていたもの」と書いておくと、引越し先でダンボールに囲まれながらとりあえずお茶だけは飲むことができたりします。

引越し当日:間取り図は作業員の数+αで印刷すべし

これは超重要事項かつマストです。

かなり最初のほうで作った間取り図ですが、引越し当日、作業員(業者さん+手伝ってくれる人)の人数+4〜5枚くらい印刷しておくと便利です。

基本的にはすべての人に渡しますが、絶対に誰かなくします。また、引越し先の玄関周辺や階段を上がったところなどに間取り図を貼っておくと、荷物の行き場で悩むことが限りなく少なくなるはずです。

引越し当日:部屋の番号と名前を書いた紙を印刷し、すべての部屋の入り口に貼っておくべし

これも超重要事項です。

先に書いたように、間取り図は引越し先のあちこちに貼っておきますが、それとは別にA4の用紙にわかりやすく大きな文字で部屋の番号と名前を書いておき、すべての部屋の入口、ドアの上辺りから貼ってヒラヒラさせておきます。

この紙と間取り図があり、すべての荷物にわかりやすく行き先の部屋の情報が書いてあれば、「この荷物はどこに入れればいいですか?」という質問はほとんどなくなります。この質問がなければ、引越し当日の作業が非常にスムーズに行くはずです。

引越し当日:開梱は急ぐべからず

これは気分の問題もありますが、私は開梱はあまり焦らなくていいと思っています。荷物が新居に入ってしまいさえすれば、あとは必要に応じて開梱すれば十分です。

この心の余裕を持つためにも、中身が何かということは正確に書いておく必要がありますし、段ボールは向きを揃えておく必要があります。

なお焦って片っ端からダンボールを開けてしまうと、箱としての強度が非常に落ちるので、積んでおきにくくなります。必要に応じて開梱し、開梱した段ボールに入っているものは然るべき場所に入れ、緩衝材と段ボールは決まったゴミ置き場に置くようにすればかなり気持ち的に楽な新居での生活がスタートできるでしょう。

まとめ

何回も引っ越しして、気をつけていることをまとめてみました。ざっと見て頂いてもわかると思うのですが、圧倒的に事前準備のほうが作業量が多くなっています。

逆に言うと、事前準備をしっかりしておけば、引越し当日の作業はかなり少なくなるのです。業者さんや手伝ってくれる人に荷物の行き場を聞かれることがなくなれば、あなたは別の仕事(ライフラインの開通やご近所周りなど)を並行して行うことも可能になります。

引っ越しは大変な作業ではありますが、ある意味盛大な大掃除でもありますし、片付かなかった場所をリセットして新しい気持ちで生活をスタートできる貴重なチャンスでもあります。

上記の情報が、皆様の効率的な引っ越しに貢献できたら幸いです。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

フォローする