こどもにiPhoneをプレゼントしたときに約束したルール

シェアする

この記事は「通信キャリアのSEがこどもにスマホを使わせることについて本気出して考えてみた」の一部です。

iPhone_rule

概要

きっかけはとある日曜日。来年から中学生になる長女に「クリスマスプレゼントって何がほしい?」と気軽に聞いてみたところ、返ってきた答えは「iPhoneが欲しい!」でした。

とはいえ、こどもにiPhoneを渡すとすれば、ルールを決めたり端末側、サービス側の設定をしたりといろいろな準備が必要になります。

おそらくウチだけではなく、同じようなお悩みを抱えている方もいらっしゃるだろうということで、「通信キャリアのSEがこどもにスマホを使わせることについて本気出して考えてみた」のシリーズでは、我が家でムスメにiPhoneを渡すにあたってやったこと、しらべたことをまとめています。

この記事では、こどもと保護者の間で結ぶ、iPhoneを使う時のルールについて、我が家で実際に使っている「iPhoneを使うときのルール」をご紹介します。

細かい設定内容については、「通信キャリアのSEがこどもにスマホを使わせることについて本気出して考えてみた」に記事のリストを用意していますので、そちらを参考にして頂けたら幸いです。

目次

ルールを作ることの必要性

こどもと保護者の間で、iPhoneを使う時のルールをきっちり決める必要があるのか、という点については、私は絶対に決めておくことをオススメします。

通信キャリアのSEがこどもにスマホを使わせることについて本気出して考えてみた」のシリーズの中では、技術的にこどもを危険から守る方向の記事が多いですが、実際問題として、技術的な側面だけでこどもを守ることは無理で、やはり運用レベル、約束事での解決が必要になることが多々あります。例えば、夜は自室にiPhoneを持ち込ませない、とかそういったレベルの内容は、親と子の間のルールで実現していくしかありません。

もう一つ重要なこととして、ルールを作ったら、こどもに渡すだけではなく、一項目ずつこどもと確認していくことが必要だと思っています。こうすることで、こどもにとって意味の分からないところを曖昧にせずに決めることができますし、後から「そういう意味だとは思わなかった」的なクレームも少なくなると思います。

それでは、我が家で長女と約束したルールをご紹介します。これは数年前に話題になった hana.biさんのとこで翻訳されてた「13歳の息子へ、新しいiPhoneと使用契約書です。愛を込めて。母より」に強く影響されています。これをベースに、我が家での事情を加味して作成しています。もちろん、各ご家庭ごとの事情に応じて何が適切なのかは変わってくると思います。各ご家庭で作るルールのたたき台にでもなれば幸いです。

iPhoneの使い方に関するルール

家を出る時、iPhoneは基本的にいつも持って出てください。

我家の場合、ムスメにiPhoneを渡す最大の理由は有事の際の位置情報の共有なので、iPhoneは基本的に常時携帯することを前提としています。カメラとしても使うだろうし、常に持っててね、と伝えています。

iPhoneは寝るときには必ずリビングで充電してください。二階の自分の部屋に持って行ってはいけません。

一つにまとめちゃってますが、二つの目的があります。

一つは、「寝るときに自室に持って行かない」ということ。これは、どうしても自室に持って行ってしまうと、寝ながらいじっちゃうわけで、睡眠時間の問題的にも問題があるなと思っています。また、次女と長女は子供部屋を共有しているので、次女にも影響が出ることが用意に想像できます。ということで、自室に持ってっちゃダメよと。

もう一つは、「ちゃんと毎日充電してね」という運用レベルでの目的。長女はこれまでマモリーノを使っていて、これは猛烈にバッテリー持ちの良い端末(流石に6年使うとヘタってきますが)なので、逆に充電の習慣がついておらず、いざというときに連絡がつかなくて後から理由を聞いたらランドセルの中で放電しきってるといったことが何度かありました。ということで、それじゃ意味ないからきちんと充電してね、という内容です。

お父さんやお母さんから電話がかかってきた時は必ず出てください。気づかなかった時は気づいたらすぐに折り返してください。出られない場所の時には必ずメッセージを送信してください。やり方は教えます。

これは基本的に「13歳の〜」から拝借。「13歳の〜」と微妙に違うのは、我家の場合には中学生になったら学校に持っていく想定なので、「こちらから電話した→出れないor気づかなかった→気づいたタイミングでも電話できない」という状況がありえます。電車移動中とか、放課後だけど先生とお話してるとか。なので、基本気づいたらかならず出る、気づかなかったら折り返しorメッセージ、という運用を考えています。

パスワードはお父さんとお母さんが管理します。パスワード自体は自分で決めてください。iPhoneのパスワードにかぎらず、すべてのパスワードは誰に聞かれてもお父さんとお母さん以外の人に教えてはいけません。

これはちょっと微妙だと思ってますが、iPhoneのロック解除パスワードはこども自身に決めさせて、こどもにしかわからないものになっています。その代わり、私とヨメの人の指紋でロック解除できるので、保護者である我々は彼女の決めたパスワードを知らなくても管理できている、という状況にしています。

また、子どもたち同士で気軽にパスワードを教え合うような文化があるかどうかはわからないのですが、そーいうのはいかんのだよ、と教えています。

iPhoneを使ってはいけない時や場所に関するルール

家で食べる時も外で食べる時も、食事中にiPhoneをいじるのは禁止です。先に食べ終わっても、ごちそうさまの挨拶が済むまで触ってはいけません。

これは、長女はあんまり器用でなくて、食事中にいじるとかはそもそもできなさそうだったのですが、一応ルールとして決めておきました。長女は食べるのも遅いので、先に食べ終わっても〜というのはそもそもシチュエーションとしてはあまりなさそうな感じです。

家のトイレの数は家族の数より少ないので、トイレでiPhoneを使うのは禁止です。

こっちは長女さん、やりそうな雰囲気が充分にあるので先に釘をさしておこうと。我々大人は実のところトイレでiPhone使っちゃってるので大きなこと言えないのですが(汗。

歩いている時、iPhoneを使ってはいけません。

不器用な長女からは「私はそんな器用なことできないよっ!歩きながらは本だって読めないし。」と言われましたがこちらも一応釘を差しておく感じで。

学校でのiPhoneの使い方は先生の指示に従ってください。

一応、進学予定の中学校では、授業中はロッカーにしまっておくというルールさえ守れば学校への携帯電話(スマートフォン含む)の持ち込みはOKと聞いているのですが、途中でどうルールが変わるかはわからないので、学校でのことは学校のルールに従ってね、ということで。

コミュニケーションについてのルール

技術的なことではなく、PCやスマートフォンなどの情報機器を使ったコミュニケーション全般について一言いっておこうという内容です。

相手に直接言えないことを、iPhoneを使って伝えてはいけません。触っているのは機械ですが、その先には人間がいます。これはとても大事なことです。

これは下手したら大人だって守れてない人は山ほどいるわけですが、きっちり守ってほしいところ。

iPhoneを使って人を傷つけないこと。友達から誘われても、誰かを傷つけるコミュニケーションに参加してはいけません。

これは「13歳の〜」に書いてあって、是非ルールに入れておこうと思っていた項目でした。自分が気をつけることはもちろんのこと、「◯◯ちゃんのメッセージだけ見えないことにしようよ♪」的なオンラインいじめ系の芽があったときに、毅然として断れる子であってほしいという親の願いがモリモリです。

写真やビデオについてのルール

我が家的には非常に重要な部分。内容もさることながら、どのように伝えるか、というのに一番苦労した部分です。

iPhoneを使って、人前で見せられない写真を撮ったり撮られたり送ったりしてはいけません。どんなに親しい人に求められてもダメです。誰かに求められた時には必ず断って、お父さんかお母さんにすぐに相談してください。

想定しているのは、いわゆるエロ方面なのですが、13歳のムスメにそれをどう伝えるかでかなり悩みました。で、文面としてはこんな感じ。口頭で説明するときに「たとえばウ◯コしてるところの写真とか、どんなにネタとして面白いと思っても撮っちゃダメ。何かが起きてそれが世界中の人に見られたらヤじゃない?」という感じで、エロ方面から微妙に軸をずらした下ネタ方面で説明しました。本人には伝わった感じでした。

iPhoneを使って誰かに送った写真やビデオは、自分が思っているよりも多くの人の目に触れる可能性があります。友達だけに送ったつもりでも、その友達が誰か他の人に見せてしまうかも知れません。誰に見られても大丈夫なものだけを送るようにしてください。これは、自分自身の写真だけではなく、他の人の写真についても同じです。

これは上記のルールと強く関連するところですが、「◯◯ちゃんにならこの写真を見せてもいいか」みたいに思っていても、その子が誰かに見せる、誰かに共有する、ということがあり得るのだよ、ということを明示的に伝えておきたくてルール化しました。

見ず知らずの人の写真を撮ってはいけません。また、写真をとっているのではないかと疑われるような行動をしてはいけません。

こちらはどちらかというといわゆる炎上案件的な意味でルールにしました。

SNS(LINEとか)についてのルール

SNSについては、ひとまず、LINEだけ使って良いことにします。それ以外のSNSを利用する必要が出てきたら、お父さんかお母さんに相談してください。

学校でそれなりに話題に出たり、ニュースで目にしたりはしているのですが、長女からは「というか、SNSってのが何なのかいまいちわからない。TwitterとかFacebookとか?」と聞かれたので、そんだけ知ってりゃ充分だよと伝えときました。ルール化した意図としては、他のSNS系のものが出てきた時に随時対応、という余地を残しているといったところです。そもそもLINEがSNSかっていうと微妙ではあるのですが。

あと、別記事でも書いていますが、我が家ではLINEは厳し目の設定にしたうえで使わせる方向にしています。ヨメの人が中学の娘さんを持っている他のお母さんに聞いたりした範囲では、部活の連絡とかで、ほぼLINEは必須のライフライン扱いになってるみたい。まぁそうなるよなぁ。

友達だけに送っているつもりのメッセージでも、それを友達が誰かに見せてしまうことがあります。自分や友達の住所や連絡先などはSNSに書いてはいけません。これらがわかるような写真などもSNSに投稿してはいけません。

写真の件で書いたこととほぼ一緒なのですが改めて。

あと、これを別立てにした理由としては、「◯◯ちゃんって最近ちょっと感じ悪いよね」みたいな内容を、特定の友だちだけに送信したつもりでも、そのメッセージが独り歩きしちゃうことは充分あるんだよ、というのを明示的に伝えたかったという意図があります。

LINEの友だち登録は、直接会える友達だけが登録できる設定にします。直接会わない人を友だち登録してはいけません。

これはLINEの設定の記事でもかきましたが、不特定多数と友だちとして繋がるのはどうしても禁止したかったので、設定上でも厳し目に制限しています。そのうえで、ルールとしても改めて明文化しておき、本人に強く意識してもらおうという意図です。

ゲーム、音楽、書籍、アプリについてのルール

ゲームをすることは禁止しません。ただし、遊んでいい時間、場所についてはこのルールに書かれていることを守ってください。

ゲーム全面禁止、とかしてもおそらく現実的ではなさそうなので、ゲームそのものは禁止しない方向です。ただ、アプリ追加の時に必ず私の承認が必要な設定にしているので、勝手にゲームが増えていくことはないはず。あとは、やる時間と場所をわきまえろ、というところですね。

iPhoneで何かをするためにお金が必要なときは、まず、お父さんかお母さんに相談してください。ゲームの内容、金額などを踏まえてお父さんとお母さんで判断します。お金をつかうことが許可された場合も、そのお金はお父さんやお母さんからは出ません。自分のお小遣いの範囲の中でやりくりしてください。

こちらは課金系のことを想定しています。ゲームへの課金というよりは、LINEのスタンプとかKindleの本とか音楽データとかを意識しています。こちらも全面禁止ではなく相談ベースで許可という形。なお、アプリ追加と同じく課金も私の承認が必要になっているので、勝手に課金されることはないはず。

このルールについてのルール

このルールは、中学校卒業まで適用されます。

この項目は長女が一度チェックを付ける手を止めて唸っていました。まぁ、まだ現時点で中学に入っていない状態で、中学卒業まで、というのは長く感じるのかもですね。

次の項目とその次の項目をみて、「後でルールを変える相談をしてもいいんなら、まぁいいか」と言いながらチェック付けてました。

このルールに載っていないことで、お父さんやお母さんが追加した方がいいと思うルールができた時には、適宜追加します。その時には、ルールの内容について改めて協議しましょう。いつの間にか勝手に増やすことはしません。

これは入れておきたかった項目。今のところ網羅しているつもりはありますが、きっと我々の想像を超える使い方だったり、小さなトラブルは出てくるのだと思います。その時に、ルールの内容を変更したり追加したりする可能性があるよ、ということを詰めておきたかったのと、それは勝手にはやらないから安心してね&ちゃんと協議しようね、という宣言です。

このルールに載っていないことで、どうしたいいのかわからないこと、不安なことがあったら、必ずお父さんかお母さんに相談してください。どっちか一方にだけ相談したいときはその旨言ってくれたら約束は守ります。

上のルールとある意味セットですが、こちらはこどもの方からルール外のことが起きた時の協議を言い出せるようにという内容です。年齢的に、ヨメの人にだけ相談、とかあるだろうなぁ、と少し寂しい気分ではあります(汗。

このルールを守れなかった時には、iPhoneの使用を禁止します。

長女が「まじか…」とつぶやいてました。「うん、一度取り上げる。そのあとまた使わせるかどうかはミッチリ話しあおうな」と伝えておきました。

お父さんやお母さんはiPhoneの中のデータを見ることがあり得ます。見られて困ることはしないでね。こちらも興味本位では見ないようにします。

これはあり得ることなので事前に宣言しておきました。Webのフィルタリングのログも見れるわけだし。ただ、興味本位では見ないよ、ということと、「見られる可能性がある」という意識は持っておいて欲しかった次第です。

まとめ

この内容を口頭で説明してチェック入れるのに大体15分〜30分位だったかと思います。ちょこちょこ追加した部分があるのでその部分は長女自身がルールに書き加えて(鉛筆で書いちゃうあたりがまだまだオコサマ)ましたが、最終的には上記の内容で納得してサインしてました。

実際に長女に渡したファイルをPDFにしておいておきますので、たたき台にでもしてやって頂けたら幸いです。

なお、その他の細かい設定内容については、「通信キャリアのSEがこどもにスマホを使わせることについて本気出して考えてみた」に記事のリストを用意していますので、そちらを参考にして頂けたら幸いです。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

フォローする