ガジェット

iPhoneやAndroidでの通話内容を録音できる!テレホンピックアップTP8がオススメ

突然ですが、プライベートで通話内容を保存しておく必要ができてしまいました…。

 

スポンサーリンク

スマホでの通話録音

で、急にバタバタと色々調べていたのですが、どうやらスマホでの通話内容録音は、以下の様な状況になっているようです。

android : アプリによる通話録音が可能

iPhone : アプリによる通話録音は基本的に不可能

Androidについてはいいとして、iPhoneについてがちょっと微妙なのでちょっと補足します。

どうも、通話内容を勝手に録音すると一部の国や自治体では違法となることがあるようで、グローバル展開するiPhoneでは先回りして通話内容の録音という機能を持たせないようにしているようです。

更にいうと、iPhoneは仕組み上、アプリとデータがひとまとまりで「自分のエリア」を持っており、これを超えたデータのやり取りは、相手側のアプリからの許可及び許可するための仕組みが必要です。コンピュータ一般に少し詳しい方であれば、「自分以外のディレクトリに対してアクセス権がない」と考えていただければよいかと思います。

ただ、iPhoneでも、脱獄したり、グループ通話の機能を使ったりして、擬似的に通話録音を可能にするアプリはあるようです。

 

いなばの選択

たまたま私はiPhoneとAndroidの両方を使っているので、Androidの方でアプリを使って録音、という手もあったのですが、イロイロありまして、アプリによる録音はやめました。

いろいろ悩んで、最終的に選んだのは「物理的にマイクを挟んでICレコーダに録音」です。既にICレコーダは持っているのでこれを有効活用したい、というのと、他の録音を含めてICレコーダに集約していきたいということでこの方向を採用しました。

てことで購入したのが、こちらのテレフォンピックアップです。

 

どうやって録音するの?

これは、形としてはイヤホンに見えます。ですが、機能としてはマイクです。

どういうことかというと、「どうせ相手の声は電話の受話器からでてるんでしょ?だったらそれを録音すればいいじゃない」的なコンセプトのようです。つまり、イヤホンの外側部分がマイクになっており、そのイヤホン越しに電話を耳に当てることで、相手の声を録音しようというものです。

この「イヤホンのような形をしたマイク」は逆側がマイク端子になっているので、これをICレコーダのマイクの挿入口に接続します。

…で、相手の声はこれで録音できるとして、自分の声はどうやって録音するんだろうというのが疑問でしたが、買ってみてその疑問は解決しました。

電話はその仕組み上、自分の話した声が受話器からも出力されるようになっています。テレホンピックアップという製品は、自分の声をここからとるのですね。超納得っ!

ボイスレコーダマイクのランキングはこちらからどうぞ。

 

使ってみた

つーことで早速使ってみました。

いきなりの実戦投入は不安だったので、まずは時報の117に電話して、こちらでもぶつぶつ話してみるという、その場面だけみたら不審者扱いされるようなテストです(笑)。

TP-8 を耳に挿入し、ICレコーダと接続して、録音開始してから117に電話。お姉さんの時報を無視してしばらく喋ってから電話を切りました。

で、ICレコーダを再生してみると、見事に録音されていました!

 

いいところ&工夫が必要なところ

相手の声はかなり鮮明に録音できています。これは全く不満のないレベルです。

一方で、自分の声は上にも書いたように、受話器にフィードバックされてくるものを録音しているので、若干音量が小さくなります。また、マイク部分と電話が擦れるとガサガサいう音が入ってしまいます。

とはいえ、自分と相手との通話内容を、後から確認可能なレベルで録音するという観点から、この組み合わせで全く問題ありません。特に、録音する機材がスマホ本体でない、ということには隠れたメリットがあると感じました。

つまり、スマホ本体で録音する場合、最初から最後まで全部録音するか、途中で録音のアクションを起こすために一度スマホから耳を離す必要が生じますが、ICレコーダとテレホンピックアップをつなぐ構成の場合、このことを気にする必要がありません。

録音に使う機材は結構な長さのケーブルで繋がれているので、電話をしながらもう一方の手で操作をすることは十分に可能です。なので、長くなりそうな会話の時や、ピンポイントで特定の部分だけ録音したい場合、その操作を通話中に自然に行うことができます。

また、通話中に「本当に録音にしたっけ?」という不安が生じた時も、同じく電話を耳から話さずに確認できます。これはメリットとしてとても大きいと感じました。

 

まとめ

そんなわけで、iPhone + テレホンピックアップ( TP-8 )という組み合わせ、バッチリでした。

とはいえ、通話内容を録音する必要が生じる時って、あまりハッピーな状況ではないですよね。

こんなことをしないですめばそれに越したことはありませんが、必要になった時にはオススメできますよ、くらいのゆる〜い感じでのおすすめとなります。

ボイスレコーダマイクのランキングはこちらからどうぞ。

 

関連記事

  1. Raspberry Pi

    Raspberry pi 2でTSL2561を使ってpythonで照度を取得する

    サバフェス2016の課題をコリコリといじっております。いなばです。…

  2. ガジェット

    コクヨの指輪型プレゼンコントローラ ELA-FP1 でパワポもKeynoteも離れたところから操れる…

    これはもうずーっと前から欲しいなぁ欲しいなぁと思ってたんですがなかなか…

  3. Raspberry Pi

    Raspberry Pi 2でまずはLピカそしてLチカへ

    この一連の記事は、サバフェス2016に参加した門外漢のいなばがいろいろ…

  4. ガジェット

    LINE WAVEの誤認識について考えてみる

    ここ数日、リビングにLINE WAVEを置いて暮らしているんですが、た…

  5. ガジェット

    フィリップス のトリマー QT4022N が優秀すぎて捗るぞ

    私の所属する会社は、仕事さえちゃんとしてればヒゲとかはあまりうるさくな…

  6. 技術

    IDCFクラウドを使ってMeshblu環境を最速で準備する

    IDCフロンティアさん企画、主催のサバフェス2016が面白すぎたので、…

コメント

    • elmo
    • 2016年 7月 21日

    初めまして!
    iPhoneで通話録音したくて、ネット検索していたら辿り着きました。
    オリンパスのイヤホンを購入したんですが、iPhoneを使用したのではなく、ICレコーダがなければできないのですよね?

      • いなば
      • 2016年 7月 21日

      記事読んで頂きありがとうございます!

      ご認識の通りで、iPhone自体では録音できませんので、iPhoneから出てきた音と、こちらの発話した音をテレホンピックアップで拾って、ICレコーダに保存する、という流れになります。

    • elmo
    • 2016年 7月 21日

    ご返信ありがとうございます!
    機械オンチで困っておりました。。。
    ICレコーダをと、mp330というものを用意してみましたが、普通に録音はできますが、このイヤホンを繋げると通話録音としては使えない?ようで。。。失敗かも?です。
    でも、勉強になりました!(^^)

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

おすすめ記事

  1. 音楽

    Arabaki 2017 行ってきたメモ
  2. こどもとスマートフォン

    こどもにLINEを使わせる際の設定について
  3. Robot

    Pepperがおうちにやってきた!
  4. 音楽

    アラバキ2016のタイムテーブル調整のお供にステージマップ作りました
  5. ガジェット

    iPhoneやAndroidでの通話内容を録音できる!テレホンピックアップTP8…
PAGE TOP