技術

二度寝を防ぐ目覚ましアプリ「Sleep Meister」以外で起きられる気がしない

このアプリ、各方面で紹介されているのですが、他の目覚ましアプリでも実装されている機能の紹介だけで、ワタクシ的にこのアプリの最大の決め手である、とある機能について触れているサイトは非常に少ないのです。

てことで、寒くて二度寝しちゃいがちなこの時期だからこそ超オススメしたい、Sleep Meister のご紹介です!

 

 

 

何がすごいのか

このアプリが目覚ましアプリであることは、アイコンからもアプリ名からも一目瞭然なので、基本機能の説明は後回しにします。

このアプリが何がすごいのか、それは「二度寝を防止するスヌーズ」が実装されていること!!!

仕組み的にはシンプルで、「アラームを止める動作をしてもその後覚醒した形跡がなければアラームを鳴らす」だけのことなのですが、これが朝に弱い私にはもう必須というほかない重要機能だったりします。

先に書いちゃいますが、設定の中の「予備スヌーズ」を有効にすればこの機能がONになります。

NewImage

 

この種の他のアプリと同様、枕もとに置いておくと、睡眠時の動きを見て眠りの深さをモニタしてくれます。で、アラームの設定時間に近づいたところ(どのくらいの幅を持たすかは設定可能です)で、かつ、眠りが浅いタイミングを狙って起こしてくれます。

その他に睡眠データとして、何時にベッドに入り、何時に実際眠りについたのか、実際に寝ていた時間はどのくらいか、睡眠効率(多分ベッドにいる時間と睡眠時間の比だと思います)なんかも表示してくれます。

NewImage

 

平均睡眠時間や、寝ている時間帯は帯で一覧できます。ベッドに入るのが遅いなぁ。←という反省もできます^^;

NewImage

 

アラームを設定した時間になるとこんな画面になります(画面では表現できませんが音が鳴ってます)。ここでスヌーズを押すと、事前に設定したスヌーズ間隔で再度アラームが鳴ります。

で、ここで仮に下部をスライドして停止させたとしても、その後の動きがなければ「こいつ二度寝してる!!!」ってことでまたアラームが鳴ると。この「朝の俺を信用しない度」、このアプリは本当に素晴らしいです!

NewImage

 

まとめ

広告が入るLite版と、広告が入らない有料版があります。私は「朝の俺を信用しない追加スヌーズ」に惚れ込んだので即効で購入しました。

かなり長いこと使っていますが、このアプリにしてから他のアプリには浮気していません。

是非おためしください!

 

関連記事

  1. Raspberry Pi

    Raspberry pi 2でTSL2561を使ってpythonで照度を取得する

    サバフェス2016の課題をコリコリといじっております。いなばです。…

  2. ガジェット

    スマートスピーカー3機種が自宅に揃ったのでレビュー (LINE WAVE・Google Home m…

    最近ちょこちょこ「で、結局スマートスピーカーはどれを買ったらよさそう?…

  3. Raspberry Pi

    myThingsとIDCFチャンネルの使い方を理解してみる(前編)

    IDCフロンティアさんが企画、主催されている、サバフェス2016に出て…

  4. メモ

    IDCFクラウドのCentOS7でSwapを使う

    ここ数日はWordPressのテーマをいじったりしていたのですが、併せ…

  5. 技術

    OneDrive for Businessでフォルダを選択して同期できるようになった件

    世間ではAmazonさんのオンラインストレージの話が盛り上がっ…

  6. ガジェット

    LINE WAVEについてつらつらと考えてみる

    LINE WAVEを買って昨日からリビングにおいてみつつ、これってどん…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP