IDCFクラウドのCentOS7でSwapを使う

シェアする

ここ数日はWordPressのテーマをいじったりしていたのですが、併せて、サーバの増強も行いました。

Fight

このところ様子を見ていると、記事を更新した直後だったり、MarsEditでデータ取得したりした時に、サーバの負荷が非常に上がるのが気になっていました。

いくつか対応策はあるとは思いますが、今回はswapでの対策を考えてみたいと思います。

—✂—✂—✂—✂—✂

2016年2月23日 追記

この記事は旧サイトのほうで書いていたのですが、今はIDCFクラウドさんの別プランを使っています。

—✂—✂—✂—✂—✂

私が使っている、IDCFクラウドの最小構成では、スワップ領域はありません。なので、1GBのメモリを使い切ると途端にパフォーマンスが落ちます。

で、「IDCFクラウドでスワップ領域を作る」的なキーワードで検索すると、 「Amazon EC2 や IDCF クラウド上でスワップ領域を確保する」の記事がヒットするのですが、この記事で触れている方法(ディスク上にファイルを作成してそのファイルをスワップとして扱う)は、私の環境(CentOS Linux release 7.1.1503)では

となってしまって上手いこといきませんでした。以下、私の作業した内容となります。

IDCFクラウドの管理ポータルから「ボリューム」を選択します。

ボリュームの作成とアタッチは、仮想マシン起動中で問題ありませんでした。

アタッチした直後の状態では、物理サーバで言えば、増設ディスクがつながっただけの状態なので、まだ認識できていません。

やむを得ませんのでここで一度再起動します。

再起動してくると追加ボリュームが認識できていると思います。

一応確認。

うん、見えてる見えてる。

そしたら、fdisk でスワップ用のパーティションを作成。

作成したパーティションをスワップとして設定

このUUIDとても大事なのでコピーしておきます。UUIDはmkswapするごとに生成されるので、最新のものをコピーします。

んでもって/etc/fstabを編集して下記の一行を追加。

最後に/etc/fstabに書いたswapを有効にすべく下記コマンド実行。

で、実行した内容がちゃんと反映されているか確認。

これでOK!4GB分のスワップを作っても料金表をみると月額上限金額が20円/GBなので、80円。このくらいなら全然問題なし!

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

フォローする

コメント

  1. […]  いなばのメモ IDCFクラウドのCentOS7でSwapを使うhttp://blog.1783.org/2015/05/idcfcloud-swap/標準ではスワップ領域を持たない、IDCFクラウドの最小構成の環境で、別ボリュームをスワップとし […]

  2. […]  いなばのメモ IDCFクラウドのCentOS7でSwapを使うhttp://blog.1783.org/2015/05/idcfcloud-swap/標準ではスワップ領域を持たない、IDCFクラウドの最小構成の環境で、別ボリュームをスワップとし […]

  3. […]  いなばのメモ  1 userIDCFクラウドのCentOS7でSwapを使うhttp://blog.1783.org/2015/05/idcfcloud-swap/標準ではスワップ領域を持たない、IDCFクラウドの最小構成の環境で、別ボリュームをスワ […]